CABO DA ROCA ロカ岬

ユーラシア大陸最西端。

 ポルトガルの首都リスボンから西へ、リゾート都市でF-1のポルトガル・グランプリが行われるシントラを 過ぎて細い道をうねうねと進むとロカ岬である。 アジアから延々と続いたさしものユーラシア大陸も此処で大西洋に切れ落ちていく。


 ガイドさんの言によると、この碑には 『陸此処に尽き、水ここに始まる』とあるのだそうである。
周辺は美しい海岸が続き、大西洋からの風と波でヨーロッパ有数のサーフィン/ウィンドサーフィンの適所である。




 アイルトン・セナは生前この近くに別荘を持っていたという、英仏独伊何語であってもインタビュアーの言葉 でウネウネとセンテンスが長い喋りで インタビューに答えていた感があるセナであるが、ポルトガル語は母国語であるので住み易かったのかもしれない。

 ここは、行ってみる価値がある。なんといっても 『ユーラシア大陸最西端』 である。



ヨーロッパあちこちINDEXに戻る