ル・マン サルテ・サーキット

ル・マン。サルテ・サーキットのメインスタンドへのアプローチ。

 サルテ・サーキットは、全長約13.6Kmの大部分が公道であるが、メインスタンド部分のかなり長い部分と、有名なミュルサンヌ の右ターン部分の2か所がレース・コース専用になっており、そうした部分は普段はこうしたフェンスや ガードレールで蓋がしてある。

 フェンスの絵の中で走っている人物は、昔懐かしい『ル・マン式スタート』を表している。
 ル・マン式スタートとは、コースの一方の側にレーシングマシンを並べ、一台に一人づつエンジンキーを持った係員が付き、ドライバーは反対側に並び、 スタートの合図で自分のマシンに走り、キーを受け取ってエンジンをかけてスタートするという方式である。
 沢山のマシンを出来るだけ混乱なくスタートさせる、特にエンジン始動せず、とかクラッチ故障、とかによって動けない車への後続車の追突の危険を 回避する方法として耐久レースでは結構一般的だった方式で、ル・マン以外でも採用された事もある。

 しかし、急ぐ余りシートベルトをせずにスタートするドライバーが現れる等で、現在では二輪では行われているレースもあるが、四輪レースでは 行われていないようである。




 ル・マンはフランス中西部にあるかなり大きな町である。もし24時間レースが無くても町の中央の教会広場と教会の尖塔が 観光資源となったであろうが、今のように世界的に有名になったか?、というとちょっと疑問である。

 ル・マンはまた航空機の黎明期に登場する地名でもある。
1908年、飛行機が生まれて4年目に開かれたル・マン飛行大会においてライトA型は 三舵を使ってバンクをかけ、横滑り無しの完璧な8の字飛行をしてみせた。
 この飛行は怪しげに『翔ぶ、あるいは跳ぶ』だけだった当時のヨーロッパの飛行機製作者に 衝撃を与え、彼らのエンジニア・スピリットに火を点け、結果として飛行機開発競争の中心を ヨーロッパに移してしまうきっかけになった。




サルテ・サーキット

 南北に長い楕円の一周13.6Kmのコースで、東側の半分、地図で赤のN138号線の部分『ユーノディエール』は約6Kmの直線。 西半分は『インディアナ・ポリス』 『ポルシェ・カーブ』などの名物コーナーが続く。コースの南端の『ミュルサンヌ』は車が身を捩りながら曲がるという急な右ターンで、 レースのトップクラスのマシンでも80Km/h位に落とす必要があるとされている。

 サーキットの大部分は公道で、誰でも走る事が出来るが、勿論公道なので交通規則も対向車もあるからレース気分になってはいけない。
 普段は、ユーノディエールにある二ヶ所のシケインは、ここがシケインの位置だということは判るものの、取り払われて直線になっているし、 ミュルサンヌはロータリーになっている。ロータリーは中の車が優先であるからユーノディエールからミュルサンヌのロータリーへ80Km/hで 突っ込んで行ったりしてはいけない。
 ミュルサンヌを過ぎて地図でD140とあるDの文字の辺りが『インディアナポリス』の左ターンで、ミュルサンヌを抜けて再び全速で走って 来た車への試練の急カーブである。 インディアナポリスの後の直角右ターンの次の分岐は『ポルシェ・カーブ』の始まりで、此処から先には一般道を陸橋で跨ぐ立体交差や橋があり、 起伏と連続するカーブを高速で抜けるにはドライバーのリズム感が重要となるところである。
 サーキット図の方のユーノディエール部分にある二つの膨らみは、総合優勝を狙うクラスのレーシングマシンの強制減速用のシケインである。 これが無いと400Km/h以上の速度となり、地上に安全に留まるのが困難になる(ウィングで空力的に押さえつけても一寸した方向のぶれや 路面凹凸がきっかけで簡単に空中に舞い上がる)のと、ミュルサンヌへの突入速度を制限しているのだという。


では、コースの公道部分を

 N138にレース・コースが合流する部分。
 普段はレース・コースには、道路の右側に見えるように、ガードレール様の構造物で蓋がしてある。
 合流する前にも公道を走っている車から道路の右手にレース・コースがあるのが判る。


 ユーノディエールの直線に入った。
 直線と言っても定規で引いたような直線では無い。
 ニッサン・シケインの場所にさしかかる。
 レースではN138の正面にシケインが設けられ、レーシング・カーは 左手に設けられた半月形のコース凸部にに誘導され、強制的に減速させられる。


 路肩の小さな灌木状の物が並んでいるのは、ル・マン随一の名物カーブ、ミュルサンヌの右ターンへの分岐。 レースでは、この障害物は取り除かれ、コースはN138から右手にそれて行く。 レーシング・マシンが『身を捩りながら曲がって行く』という右の急カーブである。

 公道のN138を走る車はさらに先のロータリーに入る事になり、肝心のミュルサンヌはレース・コースを走ることができない。

 ユーノディエールもミュルサンヌもそこにある村の名前である。  


 ミュルサンヌの立ち上がり。
 右手の白いフェンスはレース・コースの蓋で、レースでは取り払われ、レース・コース はここから公道に合流して来る。

 ミュルサンヌを過ぎるとレース・コースはD140の公道になる。
 レーシング・マシンにとっては直線に等しいゆるい右カーブが続く。曲率がきつくなっている部分には路肩に赤白のゼブラ・ゾーンがある。 これが見えると公道を走っていても気分が出て、ゼブラ・ゾーンを踏んづけて走りたくなる。  

 公道部分を走っていて、一番レース気分最高になれるインディアナポリスの左カーブの通過。

 左;まず、かなりきつい右カーブを抜けると、前方にインディアナポリス・カーブが見えてくる。ここのところは右路肩のゼブラ・ゾーンを 踏んづけて走ろう。

 中;しばしの直線、レースではこれだけの直線でも全開の加速と、急減速であろう。
 右;インディアナ・ポリスの通過。助手席のカメラマンが右に左にと揺れる。  左路肩のゼブラ・ゾーンはレースではコース左端であるが、公道では対向車線の右路肩に当るものである。  我が車がセンター・ラインオーバーの様に映っているが、これは左ハンドル車で右助手席から撮っているのでかように 写っているのであって、実際にはちゃんとセンター・ラインは守っている。  


 インディアナ・ポリスを過ぎてすぐのArnageの『交差点』。驚いたことに普段は信号がある唯の十字路である。
 レース・コースはここを右折する。レース時は勿論信号は無く、道幅一杯を使っての走行が可能であるが それにしても無茶である。
 十字路を右折するとD139に入るが公道は直進し、レース・コースは登り右ターンでS字のポルシェ・カーブの方に逸れて行く。 レース・コースが登りに見えるが、これはこの先の立体交差への登りである。この先は複雑なカーブの連続で レース・コースとして面白い所が続き、メーンスタンド前に入って行くわけであるが、 一般車は入れない。


 正面の交差点を右に曲がるとレース・コースを立体交差で潜り、D138のユーノ・ディエールの直線の真ん中辺に出る。

 交差点を曲がらず、直進すると右手にメイン・スタンドが見えてくる。


 メイン・スタンドの背後を走る。右手のスタンドが切れると右カーブの『赤い頭』で、 コースを大体一周した事になる。フランスの公道の速度規制は80Km位なので、 概ね規則を守って公道を走れば約10分間のドライブである。

 この当時(1997年)のレース・コースは13.6055Km、レースでの最速ラップは3分22秒位であった。



ヨーロッパあちこちINDEXに戻る