デュッセルドルフ空港 1996年夏


 1996年4月12日の火災事故から2ヶ月余り経ったデュッセルドルフ空港ルフトハンザ出発ロビー。

 格納庫を急遽待合室にしたもので、ばかでかい体育館のような殺風景きわまるものである。壁の赤ペンキの禁煙の看板もそのままであった。 勿論ビジネス・ラウンジなどは無く、飛行機は全部沖止めで、番号札下のドアから外に出てバスに乗せられた。
 復旧工事は年を跨いで続いたという印象があり、行く度に様相が違っていて、到着/出発時の空港での各種手続きの場所や方法が変わった。

 到着時もボーディング・ブリッジなどは夢のまた夢、バスに乗せられた。バスが、いったい何処へと思う位延々と走り回って付いた先は、 地面に直接テントが張り巡らされた難民キャンプのような場所。ごった返しの中、テントに設置されたバゲージクレームでは、荷物が出発地を板切れに ペンキで書いた表示が出ている手押しのローラーコンベアに乗せられてガラガラと出てきた。

 展示会ご臨席を仰いだ日本からのVIPを此処でピックアップした事がある。当該VIPは日本からFRAまでファースト・クラスで来た余韻も 覚めやらぬうちに、いきなりごった返しの中での難民扱いにあって怒り心頭、会うなり 「何だこの空港は!」と怒鳴られた。 「俺に怒鳴るな、それを言うな」の世界であったが、ホテル・ニッコー『弁慶』での御本社奢りの豪華夕食会のことを思い、じっと我慢 して、デュッセルドルフ空港長代理で謝っておいたものである。

 デュッセルドルフ空港の火災は、ダクトや通路やエレベーターを通じた火炎と煙が複雑多層の空港ビル全域に及び、待合室やビジネス・ラウンジの 客16人が死亡、100人以上が重傷の大惨事であった。 この火災は『ドイツ』『空港ビル』というようなキーワードからは想像も出来ない安全管理のお粗末さが露呈し、グリーンピースの餌食になったりした。

 デュッセルドルフはライン工業地帯を形成する町であるので、当然顧客も多かったし、御本社筋で繋がっている日本企業の支店も多く、 頻繁に利用した空港であった。仕事ではビジネス・クラスを使っていてので、ビジネス・ラウンジで死者が出たこの火事は他人事ではなかった。

 デュッセルドルフにはお隣のケルンと違って日本からの観光の対象になるものは何も無いが、兎に角『日本』が味わえる町である。 1990年頃まで成田からの直行便があったくらい日本との縁が深く、親が駐在員でデュッセル生まれとか、デュッセル育ちという芸能人も結構いたりする。
 ロンドンやパリに住んでいる日本人にとっては単なるドイツの田舎町であろうが (デュッセルドルフとはデュッセル村という意味)、何の因果か、大陸ヨーロッパの田舎に住む事になってしまった日本人には憧れの町で、 車に家族を乗せて、泊りがけで日本を味わいに行ったりもした。ホテル・ニッコーにはそういう家族連れの為の特別プランがあった。
 ホテル・ニッコーがあるインマーマン・ストラッセでは、日本の物が餡パンから大根、マグロの刺身から豆腐/おから、書籍/雑誌/漫画まで 何でも手に入ったし、歩いて5分以内にホテル・ニッコー内の『弁慶』を筆頭とする高級和食から、ラーメン屋、すし屋、定食屋、カラオケ屋なんぞがあり、 それらは、駐在員とその家族と云う常連さん相手の店である故に、味やクオリティは庶民レベルの店での比較においては一見(いちげん)の観光客相手のパリなんかより 遥かに高かったのである。

 私自身は道標上の地名としてしか見たことが無く、観光地と言えるのかどうか分からないが、ネアンデルタール人の化石が出たネアンデルタール (ネアンデル谷)はこのデュッセルドルフ郊外である。




ヨーロッパあちこちINDEXに戻る