トスカーナ ウンブリア ドライブ

 一般の旅行者が、ヨーロッパでドライブするとして、どこをドライブするのが一番楽しいか、という問いに対して私はトスカーナ/ウンブリアと答えたい。 勿論、ヨーロッパ全土をくまなく知っている訳ではないが、見学・見物の対象物の質、気候、景色、道路、食べ物、酒、宿泊施設などが揃っているという点で、 トスカーナ/ウンブリアに勝るところが地球上にそうそうあるとは思えない。他の場所にも書いたが、フランスのアルザスびいきの私であるが、 トスカーナ/ウンブリアとアルザスのどっちが良いか、と聞かれたら一寸困る。

ヨーロッパの旅 INDEXへ。

場所どんな所なのか、エピソード

パルマ

 ここはトスカーナではないけれど、北からイタリアへの入り口の宿場として第一日目の宿。
 パルメザン・チーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)とパルマ生ハム(プロシュット・ディ・パルマ)の故郷。
 大指揮者、アルツーロ・トスカニーニの生地である。


ルッカ

 回りの高名な観光都市に比べると小粒であるが、城壁に囲まれたきれいな町。
 アンフィテアトロ広場は不思議な空間。
 歌劇『蝶々夫人』の作曲者、ジャコモ・プッチーニの生地である。

ピサ

 トスカーナ旅行と言うより、イタリア旅行から外せない有名な町、ピサ。
 この後も悩まされることになるのであるが、ミレミウムを前にしての大規模修理の雨あられ。
 斜塔も登ることはできなかった。

サン・ジミニャーノ

 トスカーナのど真ん中にある「美しき塔のサン・ジミニャーノ」
 トスカーナのマンハッタンという石の塔は一体何のため。
 周辺にはブドウとオリーブの畑が広がる美しいトスカーナの田園風景。

キャンティ

 シエーナの北に広がる、キャンティ・ワインの故郷の丘。
 旅の楽しみが凝縮されたトスカーナのそのまた心臓のような場所。

サン・ガルガーノ修道院

 アンドレイ・タルコフスキー監督の「ノスタルジア」に登場して有名になった教会の廃墟。
 実に不思議な空間で今時の言葉で言うと強力な「パワー・スポット」である。

シエーナ

 三つの丘にまたがる城壁に囲まれた町。
 13世紀に隆盛を極め、経済文化などあらゆる面で北にある大都市フィレンツェに対抗対立した。
 『シエーナ色』と言われる薄茶の壁にくすんだオレンジの屋根の家が広がる。

モンテ・オリヴェト・マジョーレ修道院

 こちらはサン・ガルガーノと異なって現役の修道院。
 それだけに見学者にはドレスコードがあり、静粛を要求される。矢鱈と世俗は持ち込めない。 

トスカーナの野

 イタリアの北西部に広がる起伏に富んだトスカーナ。
 そこに広がるのは、数千年に及ぶ人間の暮らしの結果できあがった人工の風景であるが、旅行者はそこに人工を感ずるだろうか?。

モンテ・プルシアーノ

 ヴィーノ・ノブレ・ディ・モンテプルチアーノの故郷。
 ここもその名の通り丘の上の町。

コクリコの花

 ウンブリアに入った。
 ハンニバル軍の古戦場、トランシメーノ湖近くの麦畑。
 

ペルージャ

 ウンブリアの中心都市。これも、丘の町で道路は複雑怪奇。登りきるとかなり大きな広場がある。
 その名もイタリア広場に面したタバコ屋兼土産物屋のおやじから熱烈な中田英寿賛辞を聞く。

アシッジ

 ジオットのフレスコ画で有名な、サンフランシスコ教会がある町。  日本で言う、宿坊の様なところに泊った。中は非常に地味であるが普通のホテルと大差はない。
 教会は、他にも増しての大規模修理中で、工事現場でフレスコ画を拝観。
 

ウルビノ

 麓から一気に登る長くて急な坂道がメインストリートの町。
 坂道の中腹にラファエロの生家、登りきった所にある公園にラファエロ像がある。

サン・マリノ共和国

 イタリアの中の小国。アドリア海を望む標高750mのティターノ山頂上の国。
 ヨーロッパ三大江の島の一つ、産業は観光と切手発行。
 観光事務所で有料の入国査証を押してくれる。勿論国家公印である。  

ラヴェンナ

 ビザンチン文化の影響深いモザイクの壁画の町。

ヴェネチュア1

 やっと着いたヴェネチュア。車は橋を渡った所にある大きな駐車場に入れ、船で行く。
 

ムラーノ島

 ヴェネチュアから船で行くガラス細工とレースの島。
 行きの船はヴェネチュアの裏手からだったのに、帰りに乗った船はヴェネチュアの正面に回ってくれた。
 

ヴェネチュア2

 サンマルコ寺院の鐘楼に登ってみる。
 

パドヴァ

 ジオットがキリストの生涯を描いたフレスコ画があるスクロヴェーニ礼拝堂。
 キリストの誕生図にハレー彗星が描かれている。
 

デゼンツァーノ

 アルプスの南の際の氷河湖、ガルダ湖畔。イタリア軍高速飛行学校があったところ。
 ここで人類最初の時速700Km越えの飛行が水上競速機マッキ・カストルディMC72によって成し遂げられた。