ベルリナ街道の不思議 道路編


 家に穴を開けたトンネル。ジャスト・バスサイズ

 バスはドイツのバスで、ハイデルブルグに続くネッカー川沿いの古城街道の町HEILBRONの文字が見える。
 このトンネル(?)はベルリナ線のつづら折れから見えるS.Carloの教会の手前にある建物で ベルリナ線から見るとこの建物と道路の具合が一寸変!であるが、そのからくりはこうなっている。




 ベルリナ線の道路への乱入

 ティラーノ側からベルリナ峠に向かう。サンタントニオ(Sant Antonio)付近。

 道路の半分は列車用。路面電車ならぬ路面列車で、江ノ電腰越駅付近状態。でもここでは電気機関車が引っ張る列車が道路に乱入してくる。


道路を走っていて、「わっ、前方から汽車!!」、という人もあるらしい。生々しいブレーキ痕が。



ちょいとした難所
向こうから来たのが、対向列車でなく対向車で良かった、と恐る恐る進む。
左から道路が交差してくる様子。


車の陰からもう一本斜めに交差して来る道路があった!!。
要するにここは踏み切り兼交差点らしい。


では続いて同じ個所を汽車の旅で。(道路と同じ方向、ティラーノからサンモリッツへ)

路面列車状態の始まり。かなりファンタスティックな光景。       工事中の部分で何かトラブルがあったらしく停車。



ややこしい交差点兼踏み切りの場所。片車線遮断機がある。列車が斜めに切り込む所に例のブレーキ痕が見える。




ベルニナ峠に戻る