コルマールのクリスマス

 マロニエやリンデンバウムの巨木が、葉を落としてすっかり裸になると、コルマールにクリスマスの気配がやってくる。
 商店の飾り付けやイルミネーション、マルシェ・ド・ノエル(クリスマス市)の屋台店、 肉屋の店先には「生フォアグラ注文受付」の張り紙が貼られる。酒屋にはその年の趣向を凝らしたパッケージの アルザスのビール醸造各社のビエ・ド・ノエル(甘口で冷やさないで 味わうクリスマス限定ビール)が並び、さらにクリスマスが迫るとシャンペンの値引きセールが始まる。

 左;旧税関前の広場。左の建物がレストラン
『Fer Rouge』
 真ん中の通りに入って右にアルザス料理の『HANSI』

 右;左右に土産物屋が並ぶその通りをさらに入って行くと、『Maison Pfister』にぶつかる。 正面はカテドラル。

 コルマールのマルシェは観光スポットの中心の旧税関広場と、イーゼンハイムの磔刑図で有名なドミニカン教会広場の二か所に開かれた。 甲乙つけ難かったが、私はドミニカン教会広場のマルシェに暗くなってから行くのが好みだった。



 クリスマス・ツリーはアルザス起源と言う説もあり、マルシェでは樅の木専門店が大きな面積を占める。 マルシェでの主役も、それに下げるオーナメント類で、こまごまとした可愛いもの、綺麗なもの、 きらきら光るものがぎっしり並ぶ。
 我々に珍しかったのは、蜜ろうで作った家や人形のろうそく、 ツリーの根元に置くキリスト生誕像などだった。蜜ろうのろうそくは燃える時甘い香りがする。 オーナメントも町の専門店の高級品は、びっくりするような値段がするが、 マルシェに並んでいるものは庶民的な値段であった。



   アニメ『ハウルの動く城』に登場した木組みの家、フィステール館に入っている酒屋の 出すヴァン・ショはうまいと評判だった。ヴァン・ショとは、香草や蜂蜜を入れて熱した赤ワインで、 当然売れ行きの良い店で、どんどんワインが補充されているものでないと美味しくない。  




 寒い中、ヴァン・ショを飲み、焼き栗や切り売りのクグロフを食べながら、ほのぼのとしたイルミネーションを楽しみ、 マルシェを冷やかして歩くのは冬のアルザスの売り物で、観光客も交えて毎晩ごった返す。

 
 マルシェで吟味した樅の木を持ち込むと家中が森の中のような香りがしてくる。 家にもクリスマスツリーが立つと気合が入り、ほぼ毎晩マルシェを漁って回る事になる。




アルザスあちこちINDEXに戻る