『最後の授業』を知っていますか


 フランスの北東部ドイツとの国境にあるアルザスは、独自の文化、気質それに言語を保って現在でもボージュ山脈の 向うのフランス本土とも勿論ライン河の向うのドイツとも一線を画している。
 どこまでまじめなのか分からないがアルザス独立運動すらある。

 このアルザスを舞台とし、アルフォンス・ドーデが1873年に発表した『最後の授業』という短編がある。 普仏戦争下プロシャ軍に占領されたアルザスでフランス語教師のアメル先生がアルザスの少年たちにプロシャによって 使用を禁止される事になったフランス語の素晴らしさを説き最後に「フランス万歳」と黒板に書いて終わる 熱烈なフランス賛歌である。
 日本では戦前から少年少女向けの叢書に載り、戦後にも国語の教材として取り上げられた時期があったせいで 多くの人に知られている。アルザスの話をするとあああの『最後の授業』のアルザスだね、という人は少なくない。


 ある時若いアルザス人と話していて話題がアルザスの言語に及び、『最後の授業』の粗筋を話してこんな物語があるよね、 と言ったら何それという顔をされた。
 その時は聞き方が悪いかドーデといえども若い人には読まれなくなっているのかと思ったのであるが、 興味が沸いたので『最後の授業;La Derniere Classe』のコピーを用意して周辺のアルザス人に聞いて回った。 アパートの隣人、工場長に会社幹部含む年齢階層が様々の社員たち、合計で三十人には聞いたと思う。

 それで分かったのはドーデは現在のフランスにおいても『風車小屋便り』の中の『スガンさんの牝山羊』が 教科書に載っている国民的作家であるということ。 しかし『最後の授業』を知っている人は2、3人しかいなかったということであった。中にはそんな話はドーデには無いと断定する人もいた。  生粋のアルザス娘の秘書さんはドーデが好きなのかと 『スガンさんの牝山羊』の英仏対訳を作ってくれたが『最後の授業』には全く興味は示さなかった。

 18世紀末のアルザスでフランスとフランス語の素晴らしさを説いたアメル先生は、 現代のアルザス人から見ても当時と同じくパリから来た異邦人にすぎないようである。




写真はコルマールの「船頭さんのお祭り」風景。
 ロープに張られた旗は赤地に黄色の斜め線=アルザス州旗、緑と赤の二色=コルマール市旗、青地に丸く星をあしらったEU旗
その繰り返しで肝心のフランス国旗=三色旗がない。



アルザスあちこちINDEXに戻る